このページではJavaScriptを使用しています。

札幌西ICから車で20分 小樽のコテージ・貸別荘ウィンケルビレッジ宿泊予約サイト

  • ホーム
  • フォトギャラリー
  • 動画ライブラリー
  • Q&A
  • お問い合わせ
文字サイズ
特大

フリーアクセス(通話無料):0800-800-3074/TEL:0134-52-1185

〒047-0154 小樽市朝里川温泉2丁目686 営業時間9:00-18:00 年中無休

ENGLISH
プラン一覧


脱、単なる焼肉!普段と違うバーベキューを楽しみましょう!

投稿日:2016年10月07日

皆さんはバーベキューを楽しむ時、どんな料理を用意しますか?肉に決まってるだろ、どさんこならジンギスカン、いや海鮮よ!という方が多いかもしれません。

でも、料理上手な人が一人でもいると、「いつものバーベキュー」から一変!ちょっとしたひと手間、ひと工夫で美味しくて、「ワンランク上のバーベキュー」になりますよ。

こちらは、小樽朝里川温泉のウィンケルビレッジでバーベキューを楽しんでいた皆さん。数家族合同でのお泊り会で、旦那さんは温泉へ、奥さんとお子さんがバーベキューを楽しんでいる最中でした。

お客様 バーベキュー 別荘

焼き台を見ると、一見焼き鳥をメインにした普通のバーベキュー!?
でも、これが違うんです!

お客様 バーベキュー 別荘

焼き鳥は既製品ではなく自作!鶏のムネ肉をオリーブオイルと白ワイン、めんつゆ、醤油を合わせた漬汁に漬け込み、下味をつけてから串に刺したのだそうです。野菜も同様に下味をつけたものを焼いています。
焼き鳥の焼き方からして、網に直接のせるのではなく焼き鳥用の台を使用しているのがツウですネ。

バーベキューでは焼きものだけではない料理があると、箸休めにもなります。そこで、こちらの皆さんが用意していたのはこちら。

自家製ピクルスとズッキーニのサラダです。

お客様 バーベキュー 別荘

ズッキーニを麺のように細切りにし、エビとアボカド、バジルを合わせたというサラダ。ひと口頂いてしまいました。これが絶品!ラーメンサラダをグルテンフリーにしたようなこのサラダ、そうめんを食べるようにするすると食べちゃいました。

主食系には、トマトの酢漬とチーズをバゲットにのせたものが登場。なかなかオシャレ♪女子力高し!

お客様 バーベキュー 別荘

みなさんもバーベキューを楽しむ時、ちょっとしたひと手間やあと一品で、普段よりちょっとステキなバーベキューをしてみませんか?華やかでオシャレな場になりますよ~!

 

文・写真/トラベルライター nobuカワシマ

北海道内の有人離島を含め全市町村を訪ね歩いた、根っからの北海道ファン。北海道札幌市を拠点に、主に北海道内の観光・旅行に関する取材執筆活動を行う。雑誌やwebサイトなどを通じ、記事と写真で国内外へ北海道の魅力を発信し続けている。

 
カテゴリ
BBQを楽しもう アーカイブnobuカワシマウィンケルで食べるスタッフ食べる

小樽の絶景カフェ、「View Cafe Your Time」

投稿日:2016年10月03日

札幌と小樽を行き来する時に通る、銭函地区と朝里地区の間は断崖絶壁の海岸線が続く絶景エリア。このちょうど中間の張碓エリアに、高台から海を見下ろす絶景カフェ「View Cafe Your Time」があります。

View Cafe Your Time 張碓 カフェ

国道5号線沿いで札幌方面行の車線沿いにあるので、小樽から札幌方面へ向かう時にはすなり入れますが、札幌から行く場合は少し先でUターンする必要があります。
札樽道の銭函ICからなら5~7分くらい、朝里ICからなら10~15分程度で行けます。

2階建てのお店。1階、2階とも、窓の外には日本海!高台にあるので、眼下に見下ろすように眺めることができます。2階席にはテラス席もあり、これは気分爽快!

View Cafe Your Time 張碓 カフェ

海岸線沿いを走るJR線も見えます。こちらは客席から撮った列車。鉄道好きの方にはたまらない撮影スポットかも!?

View Cafe Your Time 張碓 カフェ

カフェメニューは、ポークジンジャープレート(生姜焼きのワンプレート)やカレー、ホットプレスサンドのほか、パフェやケーキ、ワッフルのデザートなどがあります。

View Cafe Your Time 張碓 カフェ

ランチやおやつを食べつつコーヒーを片手に、窓の外に広がる風景をのんびり眺めて過ごせます。海を眺めていると、l日々の疲れもふっとぶような、開放的な気分になります。札幌と小樽をドライブで通る途中や仕事の合間に、小樽張碓の絶景カフェでふらっと一息。かーなりオススメです!!

お店の詳細はこちらで

View Cafe Your Time

 

文・写真/トラベルライター nobuカワシマ

北海道内の有人離島を含め全市町村を訪ね歩いた、根っからの北海道ファン。北海道札幌市を拠点に、主に北海道内の観光・旅行に関する取材執筆活動を行う。雑誌やwebサイトなどを通じ、記事と写真で国内外へ北海道の魅力を発信し続けている。
カテゴリ
nobuカワシマカフェ、スイーツなどスタッフ小樽近郊食べ歩き食べる

学生時代の仲間と海鮮バーベキュー

投稿日:2016年09月16日

 

小樽朝里川温泉の別荘は大人数で泊まりたい方におすすめ!全10棟あり、一番大きな棟は14名までオッケー(人数追加で最大16名まで可)。2階建てでロフトもあるので、男女混合グループでも安心ですよ~。

夏のある日に別荘へお邪魔したら、学生時代のお仲間という皆さんが宿泊していました。現在はみな社会人で、既にお子さんも。

お客様 別荘 バーベキュー
この中の女性が以前冬にテイネ山でのスキーの後にここへ泊まったことがあり、よかったので夏にも行ってみようと思い、今回同窓会の場にここを選んだのだそうです。

別荘にはテラスがあり、テラスではバーベキューコンロを用意して食事を楽しめます。夏でも冬でもテラスでバーベキューを楽しめる!これがこの別荘の大きな特徴。利用しない手はありません!!

こちらの皆さんは、海鮮類を中心にバーベキューを楽しんでいました。
ツブ、北海シマエビ、サバなどなど、貝類から青魚までたっぷり。
既にだいぶ焼いてしまったため少なく見えますが、発砲スチロールにぎーっしり入れて持ち込んだそうです。

つぶ貝

 

ちなみに、焼いている最中の写真をこちらの皆さんに見せてもらいました。貝の穴が汁でブクブクしていて、じゅわぁぁぁ~~~っと溢れている場面でした。めっちゃめちゃ美味しそう…!ここでその写真を紹介できないのが残念なくらいです。

ほかにも、とうもろこしや、燻製チーズも。ここで燻して作ったという燻製チーズ、いい色してました!!お酒がすすみそうです。

とうもろこし、チーズ

昔の仲間が集まり、飲んで食べて、昔話に花を咲かせて過ごす一日。そんな場所に、ウィンケルビレッジの別荘は最適!同窓会や仲間と大人数で集まろうという皆さん、いかがですか?

 

施設の詳細は以下でチェック!

ウィンケルビレッジの別荘

 

文・写真/トラベルライター nobuカワシマ

北海道内の有人離島を含め全市町村を訪ね歩いた、根っからの北海道ファン。北海道札幌市を拠点に、主に北海道内の観光・旅行に関する取材執筆活動を行う。雑誌やwebサイトなどを通じ、記事と写真で国内外へ北海道の魅力を発信し続けている。
カテゴリ
BBQを楽しもう アーカイブnobuカワシマウィンケルで食べる宿泊施設泊まる食べる

幼稚園の同窓会に、小樽の別荘でバーベキュー

投稿日:2016年09月15日

幼稚園の時にできた絆は永遠!?それは、お子さんだけではなく大人も!ともに過ごした月日は2~3年だとしても、その時に仲のよかった家族の縁はずっと続くのかもしれません。

夏のある日、小樽朝里川温泉のウィンケルビレッジの別荘には、そんな家族のグループが滞在していました!
幼稚園の時の仲間同士という皆さん。お子さんが卒園して小学生になってからも、毎年夏になると一緒にお出かけしているそうで、今回で4年目だそうです。幼稚園でともにしていた期間よりも長いお付き合いになりますね~\(◎o◎)/!

お客様 別荘 バーベキュー

 

「1年目の時にここを利用して、そのあと別のところへ旅行に行ったのですが、今年また戻ってきました」
そう語る幹事(!?)の女性。みな仲がよく、子どもが大きくなっても毎年このように集まり、和気あいあいと過ごすのだそうです。

ウィンケルビレッジへ泊まったからには、皆さんのお食事はもちろんバーベキュー!テラスでは一年中バーベキューを楽しめますのでね~。
バーベキューコンロを囲んでお肉や野菜を焼いて食べつつ、脇では持参した簡易の燻製器で燻製卵を制作中でした。お子さんのおやつ、というよりも大人のつまみですネ(^^;)

ひとつ屋根の下で過ごす一日、お子さんにとっては幼稚園の時のお泊り会を思いだすかもしれませんし、お互い成長した姿にビックリするかもしれません。大人にとっては子育てのいい情報交換の場ですし、息抜きをして遊びに行くきっかけにもなります。

そんな家族の同窓会を、ウィンケルビレッジの別荘で開いてみませんか?
施設の詳細は以下でチェック!

ウィンケルビレッジの別荘

 

文・写真/トラベルライター nobuカワシマ
北海道内の有人離島を含め全市町村を訪ね歩いた、根っからの北海道ファン。北海道札幌市を拠点に、主に北海道内の観光・旅行に関する取材執筆活動を行う。雑誌やwebサイトなどを通じ、記事と写真で国内外へ北海道の魅力を発信し続けている。
カテゴリ
BBQを楽しもう アーカイブnobuカワシマウィンケルで食べる宿泊施設泊まる食べる

ミルキーなソフトクリームを求めて登別へ

投稿日:2016年09月02日

新千歳空港から約50分、小樽市内からなら約90分、登別市内に廃校になった小中学校の校舎を利用した牛乳屋さんがあります。牛乳だけではなく、ソフトクリームや飲むヨーグルト、プリンなども、とーっても美味しいんです!

登別酪農館

 

 

こちらは、「のぼりべつ酪農館」というお店。高速道の登別東インターからは10分位のところにあります。廃校舎を再利用した牛乳工場で、工場直売の牛乳やチーズなどの乳製品を買うことができます。

登別酪農館

 

近隣14軒の酪農家さんから集めた生乳のみを使用し、ここで製造加工をして販売しています。
牛乳の味わいは、乳脂肪分がそれほど多くないにも関わらず甘さがあります!脂肪分の甘さではなく、牛乳本来の甘さを感じます!
脂肪分が多いとちょっとなー、なんて思っている皆さんに嬉しい牛乳です。ヘルシーで美味しい牛乳、登別温泉の多くのホテルで登場するほか、学校給食にも使用されているそうですよ。

牛乳もよいのですが、やはりメインはスイーツ!ソフトクリームは外せません!

登別酪農館 ソフトクリーム

 

口にべたべたっとした感触が残らないです。すっきりした舌ざわりなのに、甘さを感じます。これぞ、ミルキー!という味わい。
この味わい、緑に囲まれた廃校舎というロケーション。わざわざ足をのばして食べに行っただけの価値あり!乳製品好きの皆さん、ドライブの途中にちょっと寄り道してみては?
お店の詳細はこちらで

のぼりべつ酪農館

 

文・写真/トラベルライター nobuカワシマ

北海道内の有人離島を含め全市町村を訪ね歩いた、根っからの北海道ファン。北海道札幌市を拠点に、主に北海道内の観光・旅行に関する取材執筆活動を行う。雑誌やwebサイトなどを通じ、記事と写真で国内外へ北海道の魅力を発信し続けている。
カテゴリ
nobuカワシマスタッフ北海道各地の観光情報(小樽・札幌以外)北海道各地の食・グルメ小樽以外各地の観光情報食べる

大人女子の旅・小樽では、露天風呂と罰ゲーム!?

投稿日:2016年08月23日

夏のある日、小樽朝里川温泉のウィンケルビレッジにある、客室露天風呂付のコンドミニアムを訪れました。テラスでバーベキューを楽しめるとともに、露天風呂もあるのが特徴です。

いくつかお部屋があるのですが、今回訪問したのは胡桃というお部屋。テラスへお邪魔すると、女性客2人が今まさにバーベキューコンロに火をつけたばかりという場面でした。

お客様 コンドミニアム 露天棟 テラス バーベキュー 女性

 

今回このお部屋を利用していたのは、札幌からいらした女性5人組。仕事先のお仲間だそうです。
ちょうどこれから夕食タイム。普段食べられないような、とっても高い牛肉などを焼いて食べるほか、アヒージョも楽しむそうです。

お客様 コンドミニアム 露天棟 テラス バーベキュー 女性

 

こちらの皆さんの夕食タイムは、単に夕食の時間(タイム)という意味でもあるのですが、夕食のための一時中断(タイム)という意味でもあるようです。
なぜなら、ゲーム&罰ゲームをして過ごしているそうです…!!ウノなどゲームをして、負けたらいくつもの罰ゲームが待っているそうです。

大人女子5名の旅は、バトル&罰ゲームの旅!普段仕事では真面目に一生懸命働いていても、こういう時だからこそ、ハメを外して思いきり楽しめますよね。泊まりならなおのこと。

この方々の名誉のために!?ちゃんとお伝えしておくと、今回小樽へやってきた目的はバトルではなく露天風呂。お部屋(正確にはテラス)に露天風呂があり、自分たちだけの貸し切りで利用できる、という点が決め手だったそうです。

皆さんも、気の置けない仲間と、露天風呂とバーベキュースペースがあるテラスで、バトルと罰ゲーム…ではなく、温泉とバーベキューを楽しみませんか?

 

ウィンケルビレッジの宿泊施設について(公式サイトへ)

 

文・写真/トラベルライター nobuカワシマ

北海道内の有人離島を含め全市町村を訪ね歩いた、根っからの北海道ファン。北海道札幌市を拠点に、主に北海道内の観光・旅行に関する取材執筆活動を行う。雑誌やwebサイトなどを通じ、記事と写真で国内外へ北海道の魅力を発信し続けている。

 
カテゴリ
BBQを楽しもう アーカイブnobuカワシマウィンケルで食べるスタッフ宿泊施設泊まる食べる

【バーベキューレシピ】オムレツを作ろう!脱マンネリBBQ!

投稿日:2016年08月21日

バーベキューといえば、炭火でお肉や野菜を焼いて食べますか?でも、いつも一緒で飽きちゃった…、という皆さん!焼肉&焼き野菜は卒業しませんか?

ちょっとしたひと手間で、オシャレで美味しいアウトドア料理ができちゃいますよ!屋外での調理でも、自宅での料理のように、いやそれ以上の出来栄えになるハズ!アウトドアでも楽しめる簡単料理を紹介します!!

今回紹介するメニューは、チーズオムレツ!

器材は、炭火コンロと、可能ならスキレット。スキレットがないなら底が浅めなダッチオーブンや小さめなフライパンでもオッケー。ただし、フライパンは底が炭で汚れてしまったり柄が焦げてしまったらタイヘン。炭火コンロの上にアルミホイルを敷いて、柄がコンロの外に出るようにしてフライパンをのせればよいカンジですよ~。
では、材料と手順を紹介しますね。

メニュー レシピ オムレツ【拝借ac素材】 (2)※写真(フリー素材拝借)はイメージです!

 

★食材はこんなかんじで(4名分程度)★


卵 2個無塩バター 1かけ
塩 少々
白胡椒 少々
生クリーム 大さじ1~1.5杯
チーズ(ラクレットなど溶けやすいもの) 30g~お好みで
野菜 適宜~たとえば以下など~
ズッキーニ 1/2本、マッシュルーム 6個程度、パプリカ(赤・黄)各1/3個、タマネギ1/3個、パセリ少々、ミニトマト2~3個

★いざ、クッキング!★


●1
まず、ボウルに卵を割り軽く溶き、塩、白胡椒、生クリームを入れてよく混ぜ合わせ、下味をつけておきましょう。

●2
野菜類(ズッキーニ、マッシュルーム、パプリカ、タマネギなど)を3ミリ程度のスライスに。

●3
スキレット鍋(もしくはダッチオーブンやフライパン)を温めてバターを溶かし、●2でカットした野菜を炒めましょう。野菜に軽く火が入ったら、●1で溶いた卵を入れ、半熟になるまで混ぜ混ぜしましょう。

※底や縁にかたまってしまわないよう、焦げないよう、火加減は少し弱めにしておいたほうが安心ですよ。

●4
半熟になったところで、上からチーズをかけ、フタをします。チーズが溶けたら、カットしたミニトマトや刻んだパセリを飾り、完成で~す!

 

さて、うまくできますかね???炭火だと火加減が意外と難しいので要注意!もし火が強かったり、知らぬ間に時間をかけてしまったりして卵がかたくなったら、いっそ箸でグチャクヤにしてスクランブルエッグ風にしてしまうという手も…。ちなみに、私は先日実践したら失敗してしまい、このようにしました…。

いずれにしても、屋外で食べる手料理は美味しいことに間違いなし!アウトドアでのオムレツ(スクランブルエッグもどき!?)、チャレンジしてみて下さい~!これだけで華やかな雰囲気になりますよ。

 

ウィンケルビレッジの宿泊施設について(公式サイトへ)

 

文・写真/トラベルライター nobuカワシマ

北海道内の有人離島を含め全市町村を訪ね歩いた、根っからの北海道ファン。北海道札幌市を拠点に、主に北海道内の観光・旅行に関する取材執筆活動を行う。雑誌やwebサイトなどを通じ、記事と写真で国内外へ北海道の魅力を発信し続けている。

 
カテゴリ
BBQを楽しもう アーカイブnobuカワシマウィンケルで食べるスタッフバーベキュー料理自分で作ろう~クッキングレシピ食べる

小樽の別荘で、ホルモンの煙にまかれて親睦会

投稿日:2016年08月20日

小樽朝里川温泉のウィンケルビレッジには露天風呂付コンドミニアム6棟、別荘10棟あります。そのうち一番広いA-1というタイプは、定員10名(人数追加で最大12名)の一戸建て。ここはなんと、最上階にある広いテラスで、まわりの目を気にすることなくバーベキューを楽しめちゃいます!

こちらは札幌からいらした皆さんで、会社の親睦会として利用していました。

お客様 別荘 テラス バーベキュー

 

まだ日が暮れる前から、すっかりよい感じで盛り上がっている様子でした。
チェックインしてそれほど経たずにバーベキューの準備を始め、元気のある人たちがテラスでまずは一次会。ただ、一部の方はお昼寝中で、夜の宴会に向け英気を養っていた模様!?

今日のおやつというか、前座としてのおつまみが、ホルモン焼きだったそうです。ホルモン、大量に焼くと煙が凄いですよね…。でも、ここなら屋外ですし、特にこのお部屋は一段高い場所にあるので、隣の建物など周りの目も気にせず、煙をモクモク出せちゃいます!

余興や前座ではなく、これが本宴会なのでは、と思うほど楽し気だった皆さん。別荘だからこそ、翌朝まで外の人と触れ合うことのない、身内だけしかいない空間だからかも!?個人的に、ちょっと(というか、かなり)羨ましかったです…!!

会社の仲間や学生時代の仲間など、比較的大人数でも利用しやすい別荘。久々の再会や合宿などにもピッタリ!幹事さんは要チェックですよ~!

 

ウィンケルビレッジの宿泊施設について(公式サイトへ)

ウィンケルビレッジの別荘A-1 写真ギャラリー

 

文・写真/トラベルライター nobuカワシマ

北海道内の有人離島を含め全市町村を訪ね歩いた、根っからの北海道ファン。北海道札幌市を拠点に、主に北海道内の観光・旅行に関する取材執筆活動を行う。雑誌やwebサイトなどを通じ、記事と写真で国内外へ北海道の魅力を発信し続けている。
カテゴリ
BBQを楽しもう アーカイブnobuカワシマウィンケルで食べるスタッフ宿泊施設泊まる食べる

ワンちゃんと一緒にキャンプin小樽朝里川温泉

投稿日:2016年08月13日

ワンちゃんだって立派な家族!夏休み一緒にお出かけしたい!そう思っている皆さん、小樽朝里川温泉でキャンプしませんか?

朝里川オートキャンプ場では、一部のサイトが犬同伴オッケーなのです!

こちらの皆さんは、札幌市手稲区からいらしたご家族。1歳になったばかりのワンコ、まるちゃんと一緒に訪れていました。

お客様 キャンプ場 ワンコ

 

実はこのご家族、この日がキャンプデビュー!家族そろってアウトドアを楽しむのが初めてだったそうです。小さなお子さんにとっても、まるちゃんにとっても、星空の下で食事をして寝るのは今日が初めて。

「初めてなもんで、自宅から近い場所で探しました。子どもたちのことを考えてトイレがすぐ近くにあって、犬も大丈夫な場所と思い、ここにしました」

ご主人は、そう語りました。札幌近郊で設備が整い、犬同伴でも大丈夫というのは、ワンちゃんと一緒に暮らす皆さんにとっては絶好のお出かけスポットですね。

このご家族の今晩のイチオシメニューは、焼き鳥とウインナーと、マシュマロだそうです。
「子どもは、ウインナーとマシュマロがあれば喜ぶんで、それでなんとかなります」と語るご主人。初キャンプなので、問題なく手軽に楽しめるように、と考えておられたようです。

札幌の近郊で、設備が整っていてワンちゃん同伴でも大丈夫な、朝里川温泉キャンプ場。器材類のレンタルもあるので、初めてキャンプをするという方や器材を持っていないという方も安心ですよ~!

キャンプ場 夏

 

朝里川オートキャンプ場の利用料金やレンタル品などは以下でご確認を!

朝里川温泉オートキャンプ場 利用料金など

朝里川温泉オートキャンプ場 レンタル品

 

文・写真/トラベルライター nobuカワシマ

北海道内の有人離島を含め全市町村を訪ね歩いた、根っからの北海道ファン。北海道札幌市を拠点に、主に北海道内の観光・旅行に関する取材執筆活動を行う。雑誌やwebサイトなどを通じ、記事と写真で国内外へ北海道の魅力を発信し続けている。
カテゴリ
BBQを楽しもう アーカイブnobuカワシマウィンケルで食べるキャンプスタッフ泊まる食べる

豪快に丼へウニを盛っちゃえ!積丹のぶっかけうに丼

投稿日:2016年08月10日

夏グルメの一つが、旬のウニ丼!新鮮なウニを、自分でがさっとすくって丼に盛って食べてみませんか?そんな夢のようなお店が、積丹半島の美国(びくに)地区にあるんです!

美国地区は、札幌から車で約2時間、小樽からは約1時間。夏は海水浴客やシャコタン名物のウニ丼を食べに訪れる人でにぎわいます。
美国地区の街中にある、田村岩太郎(がんたろう)商店は、一風変わったウニ丼を出す店として知られてます。
それが、「朝ウニぶっかけ丼」です。

提供田村岩太郎商店 うに(田村岩太郎商店さん拝借写真)

 

ボウルの中にごっそりある、朝とれたばかりのウニを、お玉でがっさりすくって丼に盛り、食べることができるメニューです。

朝ウニという名がつくとおり、とれたてのウニを提供しています。つまり、ウニ漁がある日しか登場しないメニューです。
積丹でウニ漁があるのは、6~8月の3ヶ月間。この間で提供できるのはわずか約40日、1シーズンたったの2,000食くらいしか出せないという、幻のウニ丼なのです!

nobuカワシマも過去夏に2回訪れたことがありますが、両日とも朝ウニぶっかけ丼はお休み…、残念ながら未だ体験したことがありません。朝ウニぶっかけ丼がお休みでも、生ウニ丼やヒラメ丼など、新鮮なネタが盛られた丼などがあるので、美味しい食事をいただくこと自体は問題ありません。

田村岩太郎商店は、ウニ漁師直営のお店。だからこそ、とれたての美味しいウニをたっぷり食べてもらいたいと、このメニューを提供しているそうです。ウニに限らす素材へのこだわりはハンパなく、新鮮なネタがぜんぜん手に入らなかった日はシーズン中でも臨時休業してしまうほど。

ちなみに、料金はホームページには明示されていません。お店に行ってからご確認を。参考までに、このお店で一番高いメニューとして明示されているのは、平取和牛と積丹のウニのコラボした丼で、3,985円(税別)だそうです。少なくとも、これより安いということ。ごっそりウニをぶっかけられることを考えたら、決して高くはなさそうですね。

さて、皆さんが積丹へ訪れた時は、「朝ウニぶっかけ丼」に出会うことはできるでしょうか?食べられたらラッキー、幻のウニ丼、ぜひチャレンジを!

 

お店の詳細はこちらで

田村岩太郎商店

 

文・写真/トラベルライター nobuカワシマ

北海道内の有人離島を含め全市町村を訪ね歩いた、根っからの北海道ファン。北海道札幌市を拠点に、主に北海道内の観光・旅行に関する取材執筆活動を行う。雑誌やwebサイトなどを通じ、記事と写真で国内外へ北海道の魅力を発信し続けている。
カテゴリ
nobuカワシマお酒、酒の肴、寿司などその他周辺スタッフ北海道各地の食・グルメ小樽近郊食べ歩き小樽近隣おでかけ・ドライブ食べる

 

Copyright © 2009-2017 winkel corporation. All rights reserved.